上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田邊勝己の「風水」とインテリア


日本ですでにメジャーになって私、田邊勝己からみると、
やはりみなさんには、お家の中のレイアウトに関して風水というような解釈をされているかと思います。

しかし、風水とは、もともとはお墓のためのものでした。
死んだ人をどういうところに葬ったたいいのか、というところに昔はニーズがあったため、
古い時代を描いた韓国ドラマの中で「王様のお墓で風水的によいところは・・・」というセリフを
最近テレビで見ましたが、これが陰宅風水です。


現在では、住宅の風水として陽宅風水、都市計画の地理風水にかわってきています。
建物でいくつか例をあげると、シドニーのオペラハウスや香港のペニンシュラホテルが
それに基づいて建てられています。

日本ではまだまだですが、何か建てようとするときは、
海外では風水師が施主よりも設計士よりも上といわれ、
すべて風水師のアドヴァイスに基づいて建築の計画は進んでいきます。
風水とは、もともとはお墓のためのものでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。