上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田邊勝己の「風水と八卦鏡」その2


古代中国より、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決めるために使われてきた
気の流れを物の位置で制御する思想「風水」。
その風水の中で鏡はどのような意味をもち使われてきたのか。
風水の鏡について田邊勝己が紹介します。


~代表的なサツについて1~

●家の前の道が反弓サツである時

道のカーブの外に家がある時、反弓サツがあります。
反弓路に面した窓や玄関に水晶クラスターを左右一対置きます。
あるいは、玄関の外に水晶ポイントを4・5個道に逆らうように埋めます。
他にも凸面八卦鏡、樹木、獅子牌などを使用します。



●T字路の突き当たりの家、L字路の突き当りに家がある時

その道の交通量が多いほど槍サツの影響を強く受けます。
不意の怪我・病気・事故が増えます。
この場合は3本の水晶ポイントを道路の向けて埋めます。
さらに玄関に衝立・屏風・観葉植物等を置いて強化してもよいです。
できない場合は、水晶クラスターを玄関に一対置いてください。
凸面八卦鏡・獅子牌での対応が最も効果的と田邊勝己は考えます。



●家の前に電柱や大きな樹がある時

頂心サツです。玄関に一対の水晶ポイントを埋めて下さい。
埋められない場合は、置いておくだけでもよいです。
凸面八卦鏡での対応が最も効果的と田邊勝己は考えます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。