上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田邊勝己 心の「風水」その1


風水を心の環境にも取り入れることを田邊勝己は提案します。


最初に気を招き入れる「玄関」に当たる心の部分は?
と考えてみると、「心を開く」ということになるのかな、と思います。
閉鎖的な心を持っていたり、人の好き嫌いが激しかったり、誰に対しても心の壁を置いて接する人は、
常に玄関を閉ざしたままにしていたり、玄関に余計なものをゴチャゴチャ置いているような状態ですから、
気の通り道を塞ぐことになり、幸運も招き入れることはできないはず。
かといって、誰に対しても無防備に心開けばいいってものでもないですよね。
それだと、昼夜問わず、常に玄関を開放しているようなものなので、とても危険!

…となると、理想的な玄関は、スッキリ片付いていて気の通りが良く、花などが飾ってあり雰囲気も良く、
良い気だけを通し悪い気は通さない、気のフィルター的役割を果たす玄関マットなどが敷いてあり、
招かれて嬉しい気持ちになるところです。

これを心の状態に当てはめてみると、まず誰に対しても素直に接すること、
笑顔を絶やさず第一印象を良くしておくこと、善悪を見抜くことの出来る洞察力を備えていること、
心を開いて大丈夫、と思える人には、大いに心を開き受け入れる、といった感じになるのではないかと田邊勝己は考えます。

目は口ほどに物を言う、と言うくらいですから、心の玄関は「目」が担っている比率も高そうです。
心のきれいな人は、きれいな目をしていますよね。
それは大きいさとかまつ毛の長さとか、形が整っているとかは関係なく、
済んだ目、真っ直ぐな目、優しい目、といった、心に訴えてくるような目です。
そのような目を持った人の心の玄関は、とてもいい状態にあり、幸運に恵まれやすくなると田邊勝己は思います。

まずは、鏡を見るたび自分の目の状態を確認して、
それから、客観的な視線で自分の第一印象をチェックしてみることは、心の玄関を風水的に整え、
幸運体質に向かう第一歩になると田邊勝己は考えています。
スポンサーサイト
田邊勝己の「風水」インテリアで運を呼ぼう ~洗面所編~

今回はインテリアで出来る風水について、田邊勝己がご紹介していきます。
今すぐ簡単に出来る風水がたくさんありますので、
参考にして頂けたらと思います。


洗面所は女性のビューティー運に大きな影響を与えます。
つまり美人度を上げたり下げたりする力があります。
ですが洗面所は「火」と「水」の気が共存したり、洗濯物などの汚れものが溜まったりするので、
気の調和を保つのがとても難しい場所です。

今回は洗面所に風水を取り入れることでビューティー運をUPさせる方法を田邊勝己がご紹介します。
まずは清潔、整頓を心がけ、取り入れやすいものを選んで実践してみましょう。
毎日使う場所なので、気分がよくなれば、きっと運も上がってくるでしょう。


1照明は明るく!
空間が明るいほど気も晴れやかになります。
シーリングやランプの電球を新しいものや明るいものに交換しましょう。


2はまめに磨いていつでもピカピカ!
洗面所の鏡は重要です。
鏡が汚いと写った顔も汚く見えて無駄に陰気がたまります。
上から下に向かってピカピカに磨き上げてください。
洗面所だけでの話ではありませんが、やはり清潔に保つのが一番重要です。


3汚れ物は目に付かないように工夫する
洗濯物などの汚れ物が目に付くと、見た目も汚く陰気がたまりやすくなります。
ラタン製のカゴなどにフタをして、汚れ物が目に入らないようにして下さい。
プラスチック製の洗濯カゴを使用する方も多いと思いますが、実はプラスチックは火の気を持つのです。
ですので、水の気を持つ洗面所ではNGです。


4鏡に花が写るようにする
鏡に写るものがビューティー運に影響を与えるので、花が鏡に写るようにすると運気上昇です。
鏡に写った自分の顔を見るとき、一緒に花が写っていると、いつもより華やかオーラが漂う自分を感じることができるでしょう。
いつもよりきれいな自分を見るとテンションも上がり、仕事やデートのやる気も変わってくるでしょう!


5コットン系のマットで足元あったか
水の気は下にたまるので、木の性質を持つコットン系のマットを敷くことで、気を中和できます。
そうすると足元が冷えないので気のめぐりも良くなります。


6タオルは見えないように収納すべし
洗面所などの水まわりにあるタオルは、女性の気を表します。
ですので、備え付けの収納などに押し込んで収納してしまうと、「女性の気を押さえつける」ことにつながり、ビューティー運が停滞します。
洗面所にタオルを置く場合は、風通しのよいラックなどに置くとよいでしょう。


7家電製品は置かない
ドライヤーやシェーバーは火の気を持つので、水の気を持つ洗面所には置かないようにしましょう。


8雑貨や化粧品は置かない
「美しさ」は火の気に属するものなので、洗面所でメイクするのはやめましょう。
水で火を消すことにつながり、女性が美しくなることを妨げることになってしまいます。
また、シャンプーや石鹸などのバスアイテムは一箇所にまとめて整理しましょう。
田邊勝己が教える知らない人が多い「風水」の常識


「風水」は、いまでは誰もが耳にする言葉ですね。
でも何年か前までは、「風水」というと多くの人が、「かぜ?」「みず?」読むことすらできない言葉でした。
そのくらいここ数年で急速に広く世間一般に聞かれる言葉になり、私たちの生活の中に入り込んできました。

ただ残念ながら多くの人々が風水の常識のように口にするのは、例えば「西に黄色!」です。
風水の書籍には、「西に黄色」とはどこにも書かれていないのが事実です。

そこで田邊勝己があまり知られていない、風水の常識についてご説明いたします。


以前、田邊勝己のオフィスがあったあるバッグ屋さんは、
風水の本場である香港に本社がある会社でした。
それでもスタッフの方は「西に黄色」ということで、
風水的にもあまり良いとされていない店舗設計だったのを見て、
間違った風水の情報が世の中の多くの方にインプットされていまっている、というのがとても残念でした。

メディアの中で頻繁に登場されている風水の先生方にも、
正式な風水からみると何を根拠にお話されているのか、
ご自分たちのオリジナル?とも思えるような内容だったり、
家相と気学をミックスしたもののように思える情報があったりします。

例えば、風水の八方位を元に、吉方と思って引越しをしたりすると、大変なことになってしまいます。
気学の方位の割り方は、単純に45度ずつ割っていくのではありません。

ですのでそれを元に自分の吉方に移動したと思ったら、実は凶方だったというように、
本当の知識を理解されていない人が多いですね(実は、田邊勝己も正式に勉強するまではその一人でした)。
田邊勝己の「風水」とインテリア


日本ですでにメジャーになって私、田邊勝己からみると、
やはりみなさんには、お家の中のレイアウトに関して風水というような解釈をされているかと思います。

しかし、風水とは、もともとはお墓のためのものでした。
死んだ人をどういうところに葬ったたいいのか、というところに昔はニーズがあったため、
古い時代を描いた韓国ドラマの中で「王様のお墓で風水的によいところは・・・」というセリフを
最近テレビで見ましたが、これが陰宅風水です。


現在では、住宅の風水として陽宅風水、都市計画の地理風水にかわってきています。
建物でいくつか例をあげると、シドニーのオペラハウスや香港のペニンシュラホテルが
それに基づいて建てられています。

日本ではまだまだですが、何か建てようとするときは、
海外では風水師が施主よりも設計士よりも上といわれ、
すべて風水師のアドヴァイスに基づいて建築の計画は進んでいきます。
風水とは、もともとはお墓のためのものでした。
田邊勝己の「風水と八卦鏡」その3


古代中国より、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決めるために使われてきた
気の流れを物の位置で制御する思想「風水」。
その風水の中で鏡はどのような意味をもち使われてきたのか。
風水の鏡について龍野真悟が紹介します。


~代表的なサツについて3~

●他の建物の角が玄関や入り口に向かっている時

稜角サツです。
その角度が鋭い時は尖刃サツともいいます。
凸面八卦鏡や獅子牌での対応が最も効果的です。
水晶ポイントを一対相手の建物に向けて埋めて下さい。
アメシストの水晶洞を玄関に飾ってもよいです。
高価ですが効果はあると龍野真悟は考えます



●白虎の側=家の右で工事や取り壊しがある時

白虎サツです。
水晶ポイントを工事の規模に合わせて2~5本使用してください。
クラスターと併用するとさらに効果的です。
麒麟の置物を置いても構いません。
継続したトラブルには龍亀の置物でも対処できます。



●大きな建物が二つ前に並んでいる時

槍サツや稜角サツより強い天斬サツです。
水晶ポイントやクラスターを使用してください。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。